野田暉行 公式サイト

Teruyuki Noda -Official Site-

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

滝廉太郎----花

印刷

  

hana

 けっして照りつけてはいないのたが、燦々(さんさん)たる陽

の中に輝く満開の桜の淡紅色。それとコントラストをなす青い、

しかしどことなく淡い空の色。幽(かす)かに吹き抜ける風。

どこかはわからないか、幼い私は新調の服を着てそこに居る。

   この曲を聴き歌う時、私の心はいつもこのような情景の中へ

帰って行く。

 歌の中の花はたしかに隅田川の花なのたが、その花は、今

はもう広く日本のあちこちの花であり、日本人一人ひとりの心の

ふる里の花となってしまっているのではないだろうか。この曲は

私たち共通の郷愁。いいかえれば、この曲そのものが、私たち

にとってはひとつの花なのである。

 それは、幼いころから慣れ親しんで来たからばかりではない。

時代を越えて語りかけるこの曲本来の生命力はもちろんのこと、

それに耐えうる程しっかりとこの曲が作られているということに

ほかならない。

  滝廉太郎はこの曲を単なる歌ではなく歌曲として作曲した。

「花」はわが国初の歌曲であり合唱曲なのである。洋楽に関し

てまだわからないことばかりであった時代に、このような見事

な曲が生まれたのは、彼の天分がいかに的確に洋楽を把握

していたかを物語る。簡潔で美しい旋律、自然な和声、合唱体

や伴奏の書法など、どれをとっても立派な完成度に達している

のである。現在でもなおトンチンカンなことが多いというのに・・・

 この曲を発表して直後、彼はライプチヒヘ留学した。しかし病

を得て、志なかばで傷心のうちに帰国しなければならなかった。

その思いを「恨み」というピアノ曲に託して、間もなく死んでしまっ

たのである。それはまた、留学して知った洋楽の伝統の大きさと、

彼の天才をもってしても容易にはふさぎきれないであろう、わが

国の現状とのギャップに対する思いでもあったにちがいない。

 その恨みは今なお十分に晴らされたとは言えないかもしれな

い。が、彼の花は、今日もこうして美しく気高く咲き続けている。

                                             野田 暉行

1983年3月27日東京新聞 日曜版

名曲のふるさと「隅田川」 花-滝廉太郎

日本人の心に咲く郷愁の花より

 

 

 

 

サイト内検索

試聴コーナー(ダブルクリック)

Jukebox
kazeyo.mp3
FruteFantasy-from%20Arrange1.mp3
FruteFantasy-!ntroduction.mp3
Machibouke.mp3
SpringOfSpirit(partial).mp3
Shonan-Mov3.mp3
Shonan-Mov2.mp3
Shonan-Mov1.mp3
FresqueSym.mp3
Carnaval.mp3
ChoralSym.mp3
Sym1-Mov3.mp3
Sym1-Mov1.mp3
Sym1-Mov2(partial).mp3